火災が発生した際、どのように避難するべきかご存じだろうか。

安全を確保するためには火への対処だけでなく、煙を吸い込まないことも重要だ。今回紹介する「いまばりレスキュータオル」は、緊急避難の際に危険な煙から素早く身を守ることができる商品である。

火災で最も怖いモノの1つは呼吸困難


屋内での火災発生時、留意しなければならないものとして「煙」が挙げられる。というのも、火災で発生する煙には有害な一酸化炭素ガスが含まれるからだ。このガスを吸い込むことで体が酸素を取り込めなくなり、あっという間に死に至る危険性もある。実際に火災死亡者の約7割は、煙を吸い込んだことによる呼吸困難で亡くなっているのだ。

煙を吸い込まないためには、避難する際に水で濡らしたタオルやハンカチを口に当て、姿勢を低くして移動することが有効である。タオルを水で濡らすことによって煙の遮断効果を上げ、吸気の温度を低下させるため呼吸を楽にすることができる。

取り出してすぐに使える濡れタオル


しかし一刻を争う避難の際に、わざわざタオルを探して洗面所で濡らしている余裕はない。その作業をしている間に逃げ遅れてしまっては本末転倒だ。

そこで、ワンステップで利用できる濡れタオルとして登場したのが「いまばりレスキュータオル」である。アルミパウチのパッケージの中には、コットン100%のタオルに精製水を浸した濡れタオルが入っている。

取り出したらすぐに使用できるため、短時間で避難態勢を整えることができる。

多くの人を確実に守る工夫


より多くの人々が安全に避難できるよう、「いまばりレスキュータオル」には様々な工夫がなされている。

例えばパッケージ裏面の避難手順に関する説明文は、日本語表記だけでなく英語表記もなされている。ホテルやショッピングモールなどの公共施設の利用者の中には、海外からの旅行客も多い。故に、安全に避難する方法を素早く知らせるために、英語表記は欠かせない。

また、火災時はパニックになりやすいため、開けて取り出す作業が冷静に行えるとは限らない。しかし、アルミパウチには開封するための切れ目が10か所入っているため、突然の火災に慌ててしまっても、簡単に開封することができる。

火災から確実に身を守るためには、とにかくスピーディーな行動がカギとなる。避難準備に費やす時間を少しでも減らし、迅速に安全な場所に移動することが何より重要だ。取り出すだけのワンステップで使用できる「いまばりレスキュータオル」は、備えて置けば迅速かつ安全な避難行動に大きく貢献するだろう。

購入はこちらから:いまばりタオルブティックHP